女性

小さな顔を作る手段

鏡を見る人

専門の医師に任せて安心

矯正というのは、正しい状態に戻すということ。どこかに歪みがあったり、歯並びが悪いことでフェイスラインが崩れ、顔が大きく見えているなら、矯正で小顔を作るのは有効な手段でしょう。ただ、身体の構造は正常で、筋肉や脂肪、骨などによって顔が大きく見えているのであれば、それは矯正ではなく美容整形の範疇です。美容クリニックでは、メスを使った切開手術の他にも注射を打つことで理想の小顔を作る、いわゆるプチ整形を受けることが出来ます。顔には薄い骨がたくさん存在するのは確かですが、成人してからそれらが個々に歪むということはあまりありません。顔が大きく見える原因は、頬や顎に脂肪がついていることや、筋肉が大きく発達していること、骨自体が大きいことなどがほとんどです。美容的に気になることは本人にとって心理的な問題ですが、構造的には何ら問題があるわけではありませんね。こうした時に効果的にアプローチ出来るのが美容外科です。従来はメスを使った切開手術が主でしたが、近年ではメスを使わない、注射器による治療で小顔を作れるようになりました。顔が大きく見える原因によって注入する薬剤が異なりますが、必要な薬剤を必要な量注入することで、効果的に小顔を作ることが出来ます。注射器だけで望むデザインを作るには担当医師のテクニックが必要ですが、切開手術に比べて負担が少なくダウンタイムもほぼないのは魅力です。もちろん、注射は医療行為ですから、医師免許を持つ専門家でなければ行えない医療行為です。美容クリニックは、美容を中心としていますが、れっきとした病院ですし、施術を行うのも専門資格を持つ医師です。医療行為以外で小顔を作るならマッサージなどでリンパの流れを良くする方法などがありますが、むくみが原因ならこれも有効でしょう。顔の余分な水分が無くなればそれだけ顔が小さくなりますので、一時的には小顔効果が得られます。ただ、それと同時に顔がむくんでしまう原因の解消も考えなければ根本的な解消にはならないことも覚えておきたいですね。理想の小顔を作るためには何が必要なのか、専門医に相談してアドバイスを受けるのが一番。自己流の矯正などをする前に、まずはカウンセリングを受けましょう。